卓「そして。あと。韓国でも。君は。相当な冒険を
瀧「いろいろしでかしてるんですけど。
卓「うん。
瀧「韓国がさあ。
卓「椎名と行ったんだって
瀧「そう。椎名と行って。韓国面白いぞ。
卓「らしいねえ。
瀧「勧める。
卓「うん。あそう。
瀧「あそこはいい国だマジで。
卓「でなんか。お前。まだ俺もらってないんだけど。俺。俺用におみやげを買って来てくれたらしいじゃん。
瀧「韓国で買ったお前に。お前に買ってあげたのがねえ。あの。ウルトラマンの人形なんだけど。向こうでやったからにせもんでさあ。そのにせもんぶりがほんとさあ。なに。うろ覚え?
卓「うろ覚えで描いた
瀧「記憶の片隅にあるウルトラマンで作りましたって人形でさあ。
卓「(笑)
瀧「それはまあいいとして。で韓国さあ。着いてさあ。で。着いた日にさあ。で。俺と椎名ともうひとり別な人3人で行ったんだけど。で。じゃあ焼肉を食べようと思ってさあ
卓「韓国と言えばね
瀧「そう。焼肉だからっつってさ。で着いたばっかりだからさ。あんまりよくわかんなくて。で結局あとでわかったんだけどそこなにあのちょうど原宿みたいなところ?
卓「日本の
瀧「うん。ソウルの。原宿みたいなところをこう歩いてたらさ。で。三人で。”焼肉屋全然ないねえ”とかって歩いてたらさあ。話してたら。前をこうひとり歩いてる若者がひとりいてさあ
卓「地元の
瀧「地元の。で若者がいて。手にこうもり傘を持っていたのが印象的なんだけど。折り畳みの。
卓「うんうんうん。
瀧「で。こう歩いてて。で。おれたちがこう日本語で話してたら。ぱ。ってこっち向いて。”あれ?日本の人?”って言うから。日本語で話し掛けて来たからさ。”あ。そうそう”つったら。”あ。なんだ。僕も大学時代ねえ。日本行ってたんだよねえ”て。”いやあ。懐かしいなあ。僕いろいろ日本のこと知ってるよ”つって。”プロ野球。ね。野茂。落合。落合はいい選手だねえ”なんて言い始めるからさあ。”あ。お。なんだなんだ。こいついいやつじゃん”ってさあ。”そうだ。こいつに聞こう”と思ってさあ。名前がパクって言うんだけどさあ。
卓「パク。パクさん。
瀧「”パクさんあのーこの辺に焼肉屋ない?”ってったら ”焼肉屋か。この辺ねえ。ちょっとないからねえ。そうだなあ。なんて言ったらいいかなあ。OK。わかった。じゃ俺に付いて来て”って言うからさあ。それでさ。先に立ってこうづかづか歩き始めたから。あ。ほんなら連れてってくれるんじゃんいいやつだなあ。てさあ。でもこいつどっか行くつもりじゃなかったのかな。と思ってさあ。歩き始めちゃうから。
卓「おかしいぞ。
瀧「おかしいな。と思ったんだけど。ああなんかいいやつだなあ。って。いやあ。あったかいじゃん。なんて思いながらさ。こう。歩いてたらさ。で。連れてってもらったところ。結構。ちゃんとさ。きれいなお店でさ。でそのお店のこうぎーって開けて。でこう入ってさあ。で。あ。でこれで。どうも。ありがとう。ってお礼言おうとしたらさ。”すいませーん。4人”とかっつって。
卓「”えー。おまえもか”
瀧「”えー。俺と椎名でもうひとりいて。え。あとひとり。パクさんか”
卓「(笑)
瀧「4人? 4人?っつったら向こうの人もさあこちらでーす。って来て。で。”ああここね”って言ったらまっ先に座ってさあ。
卓「パクさんが。
瀧「パクさんが座って。”ようこそ”って感じで。”さあ座って座って”って感じが。で。うちらも。
卓「お邪魔しますって感じで。
瀧「ああああ。どうも。って。座ってさあ。で。じゃあ何頼もうかって。こうメニュー見始めたらさあ。で。俺のちょうど座ってるところからぱって見たら。あの。レジのカウンターがあるんだよ。そのお店の。で。見たらさあ。レジのカウンターなかで。レジのおばちゃんがさあ。おれらの方見て。げらげら笑ってるんだよ。
卓「なぜか。
瀧「大爆笑って感じで。その。
卓「”あれ。モグネグ見てるのか”
瀧「そうそうそうそうそう。ウェイトレスの女の子と一緒にげらげら笑ってるから。おっかしいなあと思って。で。
卓「それ伏線なわけな。
瀧「そう。で。来てさあ。じゃあ頼もうってことになって。で。焼肉これとこれ。とか言って。で。パクさんが全部”じゃあ。お腹空いてる?”とか聞くからさあ。”ああ。結構”ってったら”じゃ。じゃあこれとこれがいいかな”つってさ。”じゃあパクさんどうするの”って。”俺。いまさっき食べて来たばっかりだから。俺ビールでいいや”つってさあ。こうビール飲みはじめて。で。こう。4人でさ。こう。食べながらさ。いろんな話をし始めたんだけどさ。要はさ。パクさんがさ。その。なんだ。
卓「ん?
瀧「あの。なんて言ったかな。キャッチ。キャッチセールスじゃねえ。なんて。なんて?
卓「キャッチバー。
瀧「キャッチバーだ。キャッチバーで。そう。捕まえて。で。その。連れってって。要は後で。”ちょっとーお金払って下さいよ”っていうやつで。なんだけど。それがさあ。で。話してるとさあ。すごい面白いんだよ。で。すごいいいやつでさあ。で。その。話してる時に。なんだっけなあ。
卓「なに?
瀧「いろんなやっぱ。韓国と日本のこう民族性の違いみたいなのを話しはじめてさ。で。”いや。日本にもほらヤクザ。いるじゃないですか”って。”だけど日本のヤクザもおっかないねえ”って。”でも韓国にもいるんだよ”って。”韓国のねえ。ヤクザはねえ。大体ねえ。みんなねえ。太ってるんだ”ってさあ。
卓「韓国のヤクザは太ってる。
瀧「”ああ。太ってるんだ”って。”あ。なに。みんな太ってるの?”って。”全員?”って。
卓「また。またおまえもそこで。
瀧「そう。
卓「揚げ足を取ろうと
瀧「そう。揚げ足取ろうと思って。で。”みんな太ってるって。全員?”って言ったら”うん。全員”
卓「(笑)
瀧「”全員。だいたいねえ。韓国ではねえ。こうみんな大体太っちゃってくるとねえ”あ。もう。あんま太ってる人いないんだよ。ほんとに。で。太って。だんだん太ってきちゃうと”そうだねえ。大体体重120キロくらい、超えると、みんなヤクザになっちゃう”って。”えー? みんなー? 全員?”で。”えー?”と思ってさ。で”あとねえ。あの。韓国のプロ野球のなんとかタイガースってところがあるんだけど。あそこのタイガースのー。ねえ?
卓「韓国のタイガース。
瀧「そう。韓国のタイガースのさあ。あの。”OBはみんなヤクザ。あそこのOBはみんなヤクザになっちゃうんだ”って。”えー?”
卓「”みんなー?”
瀧「”全員?” で。それをさあ。もうなんのし。気無しにさあ。話してるからさあ。でうちらも途中で気付いてさあ。
卓「おかしいぞこいつ。
瀧「おかしいぞこいつ。って。なんか変だな。って。でもまあいいや。ってさあ。韓国来て初日がこれだからもう楽しんじゃおうと思ってさあ。で要はその。もう一軒の店に行かなきゃいいわけだから。
卓「うん。ああ。そこの焼肉屋さんでぼるわけじゃなくて。
瀧「そう。ストップすればいいわけだから。
卓「次の。焼肉屋さんにまず連れてって。じゃ。そのあと。じゃ。ぼ。あの。知ってる店に行こう。とかっつって。そこでぼるわけだ。
瀧「そう。だから。さっき笑ってたおばちゃん達は。”パクがまた連れて来た”って感じの。”今度のターゲットはあいつらか”って感じで。で。うちらそこで食っててさ。それで話してるとさ。あの。韓国ってさ。徴兵制があるじゃん。
卓「うんうん。
瀧「で徴兵制があって。で。そこに若い。若いって言うか男の人がたいてい2年半ぐらい? 2年半ぐらいその軍隊に入らなくちゃいけないんだよ。
卓「うん。
瀧「で。でー。そのなに。日本だと。その。カップル?カップルそう。若いうちのカップル出来るとそのままずーっといってね。恋愛してゴールインなんてのがあるけど。”韓国はねえ。あんまりねえ。それないんだよね”って。”なんでー?”って言ったら。やっぱ男がその。2年半ぐらい。ほら。行っちゃうじゃん? 軍隊に行っちゃうから。その間。女がねえ。やっぱ。待ってらんないっつう。まあ。そりゃそうだ。2年半もいなくなっちゃうわけだから。
卓「まあな。うんうん。
瀧「待ってらんない。
卓「うん。
瀧「でね。それでね。韓国の若いね。あの。やつはみんなね。悩むんだよ。男は。っつって。で。いない間に。要は。自分の女が。違う男とくっついちゃうわけだから。ね。それを見て。その。軍隊の中でもう。歯がゆい思いをしてしょうがない。
卓「おお。
瀧「なんとかして。その。自分を裏切った女やね。その自分のその。
卓「女を取った男
瀧「そ。男。男にね。なんとかしてね。こう。ぎゃふんと言わせたい。っつって。たまに。その。軍隊を抜け出して。その女んとこ行って。こう。なんだかんだって問題を起こすやつもいるんだって。
卓「ふんふん。
瀧「で。あとはその。女を取らちゃったからっつって。その。ね。こう意気消沈しちゃってさ。もう悩みに悩んじゃって。で。それで。こう。例えばこう。自殺しちゃうひともいるんだよ。とかっつってさ。
卓「うん。軍隊だから
瀧「そう。大変だねえ。って。そんな。そんな大変なの。”パクさんはもう行ったの?”っつって。”いや。僕はもう行って大丈夫だったよ”とかっつってさ。で。”ああ。ほんと。韓国大変だねえ”なんて話してたらさ。”大体どれぐらいの人がそういう風になっちゃうの?”って聞いたらさ。
卓「うんうん。
瀧「たら。”そうだねえ。だいたいー。10パーセントぐらいはなっちゃうかな”って。”えー?”
卓「そ。そんなに。
瀧「10パーセント?
卓「10人にひとり。
瀧「10人にひとりだよ。”10人にひとりは死んじゃうわけ? そりゃ多くねえか”っていう。
卓「いくらなんでも。
瀧「そう。”おまえ。パクさん。嘘つくにも程があるんじゃねえかそれ。10パーは多いだろう”っていうさあ。
卓「サバ読み過ぎだって。うん。うんうん。
瀧「そうそうそう。で。そういうさあ。楽し気な会話? 会話をしてさあ。で。結局。じゃお金を払いましょうって時になってさ。
卓「ああ。焼肉屋さんを出る
瀧「そう。で。こう。お金のあの。領収書あの会計持ってきてさ。こう。ぱって見たら。えーと。9万ウォン。
卓「だい。どれくらい。
瀧「日本円でどんぐらいだ? 9万ウォンて。ろくしち千円なのかなあ。
卓「うん。
瀧「ちと。わかないけど。そんくらいでさあ。で。じゃあ。3人で。3万ウォンづつ出して。じゃあ払おうっつったら。パクさんがさ。”いや。
卓「うん。
瀧「俺も払うよ”っつって。
卓「おう。
瀧「ぱんて。2万。2万をさ。テーブルの上にさ。ぽんって置くんだよ。”いや。パクさんはいいよ。うちら連れてきてもらってほんとありがたいし。ごはんおいしかったからほんとありがとう”っつって。”いやこの2万円はいいよ”っつったら。”いやいや。そうじゃなくて。そうじゃなくって。これは。あの。は。払うのが。礼儀なんだ”っつってさ。ばんって2万円置いて。もう。手をしまっちゃってさ。こうやって。
卓「腕組んじゃって。
瀧「腕組んじゃって。
卓「もう。もう。うん。
瀧「”もう僕腕しまっちゃったから取らないよ”っていうさあ。子供になっちゃってさ。そんで。だだっ子って感じの。
卓「パクさん。
瀧「で。それ見てさあ。もうこの嘘つきが。ほんとに。”いいからこれ。あの。しまいなさい”っつって。”これパクさん自分のために使いなさい。いい。いいからいいから”っつって。”いやいや。俺はこの2万円。もう使わないと気が済まない”って。”せっかくみんなと友達になれたんだから。これを。払わしてくれ”とか。”いいからいいから”ってうちらもどんどんその3万円づつ払っちゃってさ。で。で。あの。お店の人もさ。”はいはい”って感じでこうもうお皿。こう。
卓「片付けて
瀧「しまっちゃってさ。”はい。どうせ次行くんでしょ”って感じで。こう。しまって。で。テーブルには4人の男と。テーブルの上に。2万ウォン。
卓「は。その。パクさんが置いた
瀧「ぽつんと。ぽつんと2万ウォン。みんなそれを見つめて。”うーん。これどうしたもんかなあ”で。”いいからいいから。パクさん。ほんとしまって”っつったらやっとしまってさ。”ああそう? じゃ。わ。悪いなあ”って。で。お店出て。で。うちらも。”じゃ。パクさんさようなら”って言おうとしたら。”いや。ちょっと待って。やっぱこの2万ね。使わなくちゃいけないわ”使わなくちゃ”いけない”とか言い出して。
卓「始まったな。
瀧「そう。で。それで。”じゃあ。僕の知ってる。あの。パブがあるから”って。あの”そこ行こう”っつって。”じゃ。そこ。そこ行って。みんなに一杯づつおごるから”っつって。”いやいや。ほんといいから。もうじゃ十分だからさ。
卓「十分だ。
瀧「あんた帰ってくんな”と。ね。”うちらもうホテル戻るんだから”って。それでさんざんそこですったもんだした挙げ句。結局最後はうちらがその。説得してさ。で。パクさんも。”じゃ。帰るよ”って。”じゃあ。楽しかったよ。さようなら”って帰って。その場は。それ。なんとか事無きを得たんだけど。その。
卓「それ行っちゃってたらそこでぼられてたんだ。
瀧「ぼられてた。で。そのあと。俺はローマでぼられたんだよね。
卓瀧「(笑)
瀧「10
卓「おまえちゃ。ちゃーんとこう。取り返したんだ。
瀧「ちゃーんとローマで20万リラぼられたから。
卓「ではですね。次はですね。あのー。ロンドンに行って。あのー。ちょっと。知り合いの人がですね。あの。紹介してもらったんだけど。日本人の。あの。女性でですね。あのー。Juno Reactorってグループがあの。NovaMuteっていうレーベルにいるんですけど。その。Juno Reactorってグループの。持っているスタジオで働いている日本人の女性っていうのを紹介してもらって。そのJuno Reactorのスタジオに俺遊びに行ったんですよ。
瀧「はい。
卓「で。そのベン・アトキンスっていうJuno Reactorのメンバーとかと話して。いろいろサンプラーのソフトくれたりね。あのレコードくれたりと。
瀧「交流を深めて。
卓「交流を深めて来たんすけど。で。その時にね。ベンがくれた。まだこれはね。来月ぐらいに発売になるレコードで。まだ発売されてないテストプレスってやつ。見本盤みたいなやつをね。もらってきてですね。あのー。それをかけたいと思います。えー。それではですね。Juno Reactorで"High Energy Protons Remix"。

曲「High Energy Protons Remix」Juno Reactor

瀧の韓国旅行
電気グルーヴのオールナイトニッポン最終回(1994/3/29)より
公開.19990417
訂正.19990423


nukumori.org | 鬼ッズフェスティバル